お役立ちTIPS

  • >
  • >
  • 京都府発注工事 工事情報共有システム(ASP)の試行対象が拡大しました!

京都府発注工事 工事情報共有システム(ASP)の試行対象が拡大しました!

今回は「京都府発注工事」における工事情報共有システム(ASP)の動向をご紹介します。
京都府における工事情報共有システムは、ASP利用を促進し更なる書類の簡素化及び業務の効率化を図ることを目的に試行対象工事の拡大が行われ、平成31年7月1日以降の京都府建設交通部発注工事がASP対象工事になりました。

 

 

京都府発注工事 ASPの対象工事

当初設計金額に関わらず、建設交通部発注工事においてASPの利用が可能となっております。
ただし、維持修繕工事及び小規模工事等において、工事情報共有システムの使用が適さないものについては、ASP対象外です。

京都府 ASPの対象書類

対象書類は「工事打合簿(指示・協議・承諾)」及び「工事履行報告書」としています。使用するシステムの決定については、受発注者協議により決定するものとしています。
弊社の「現場クラウド for サイボウズ Office」では、下記工事帳票に対応しております
・様式-6「工事打合簿(指示・協議・承諾)」
・様式-11「工事履行報告書」
・様式6-1「工事打合簿(提出・報告・通知・届出)」
・様式-7「段階確認書」
・様式-8「確認・立会書」
・様式-9「材料確認簿」」
電子納品の際に紙でやり取りした書類をデータスキャンする作業は大変ではありませんか?
情報共有システムで書類を常に電子化して管理しているため、電子納品や検査時の業務工数が削減されます。

京都府発注工事のASP活用時について

京都府発注工事では、弊社の「現場クラウド for サイボウズ Office」を活用し、業務の効率化をお助けすることが出来ます!

京都府 ASP利用時の特典

工事情報共有システム(ASP)を利用した工事については、工事成績評定の創意工夫において1点加点されます

京都府でのサポート

ASPは受発注者の膨大な仕事量に対して効率的な運用がみられ、活用も広まっています。
初めてのご利用の方でもご安心頂けるよう、受発注者双方に遠隔研修を実施しています。また、導入前に不安な点や操作面に関して、個別でも相談に応じています。
お気軽にお問い合せ下さい。実際の活用事例や上手な運用方法もお伝えいたします。

京都府の販売パートナーご紹介

導入に関するご相談などは下記の販売パートナーへお問い合わせください。

京都サンダー株式会社

TEL:075-414-3000
所在地:〒602-8019 京都府京都市上京区 室町通下長者町下る近衛町33−2
WEB:http://sander.co.jp/

工事情報共有システム(ASP)の詳細はこちらから

導入相談や無料デモンストレーションなど
まずはお気軽にフォームからお問い合わせください!👆<クリック
お見積り 導入相談 デモお申込み