導入事例

遠隔臨場オプションの活用!操作も簡単!事前準備が最小限に!

会社名 株式会社渡辺組
ご担当者 中山様
発注機関 国土交通省 九州地方整備局 鹿児島国道事務所
効果
準備を最小限で抑えることができて、遠隔臨場操作もスムーズに行える

遠隔臨場実施までの流れがスムーズ!

遠隔臨場を実施するに当たっては、「発注者との事前協議」→「計画書の作成」→「現場クラウド for サイボウズ Officeでのスケジュール登録」→「遠隔臨場の実施」という流れで遠隔臨場を進めてました。

既に現場クラウド for サイボウズ Officeを日々利用していたので、遠隔臨場オプション追加だけで遠隔臨場も利用出来るようになったことが実施までのスムーズさにつながっていると感じます。

 

現場進捗に合わせた立会が計画しやすい!

施工完了予定の立会時間に変更が生じた場合でも、発注者が現場に出向く必要がないため臨機応変に工程変更を行うことが出来ました。
その際も現場クラウド for サイボウズ Officeのスケジュールを変更すれば、予定変更を発注者と共有することが出来ます。

屋外の遠隔臨場では音声が聞き取りづらいこともありましたが、イヤホンを利用することで解決出来ました。

まだ遠隔臨場の実施回数は少ないですが、これからも工種など現場の状況に合わせて実施計画を検討していきたいです。