お役立ちTIPS

青森県 工事情報共有システム(ASP)の導入が進んでいます!

国交省の工事では一般化している工事情報共有システム(ASP)。
各自治体でも工事情報共有システム(ASP)の導入が広まっています。

 

 

今回は「青森県」における工事情報共有システム(ASP)の動向をご紹介します。

青森県 ASPの対象工事

青森県の工事情報共有システム(ASP)利用基準では、ASPの対象工事は「県土整備部発注工事において、受注者発議による協議で決定する。(建築工事を除く)」とし、「平成30年10月1日以降公告又は指名通知する工事」から適用開始と定めています。

 

青森県 ASPの対象書類

青森県の工事情報共有システム(ASP)利用基準では、ASPの対象書類は「工事における事前協議チェックシートにより協議する。」と定めています。

弊社の「現場クラウド for サイボウズ Office」では、工事打合簿、工事履行報告書、材料確認書、確認・立会依頼書、施工検査確認書など帳票に対応しています。

電子納品の際に紙でやり取りした書類をデータスキャンする作業は大変ではありませんか?
情報共有システムで書類を常に電子化して管理しているため、電子納品や検査時の業務工数が削減されます。
青森県の専用帳票に対応しているため、スムーズに紙からシステム移行ができます。

 

 

青森県 ASPの導入発注機関実績

東青地域県民局、三八地域県民局、下北地域県民局、中南地域県民局などの発注工事で弊社の「現場クラウド for サイボウズ Office」をご利用いただいております。

2018年4エリア実施(八戸市、青森市、弘前市、むつ市)

初めてのご利用の方でもご安心頂けるよう、受発注者双方にセミナーや集合研修を実施しています。
 

 

青森県の販売パートナーご紹介

導入に関するご相談などは下記の販売パートナーへお問い合わせください。

株式会社テクノル

所在地:〒031-0041 青森県八戸市廿三日町2番地 YSビル3F
WEB:http://www.technol.co.jp/
TEL:0178-47-8311

工事情報共有システム(ASP)の詳細はこちらをご覧ください