遠隔臨場機能LP

受発注者間情報共有システム(ASP)と
ワンクリックで連動

遠隔臨場機能オプション

お問い合わせはこちらから>>

国交省・地方自治体工事にて活用実績多数

「現場クラウド One」「遠隔臨場機能オプション」なら 安心!
の3つの理由があります。

1

専用の機材準備不要!
お手持ちのPC・スマホ・タブレットでご利用可能!

カメラ等専用に機材を準備する必要はありません。PCとスマホ・タブレットですぐにご利用可能なため、初期費用を抑えることができます。 今ならiPad無料貸し出し実施中(発注者用)

2

操作に不安がある方もいつでもお問い合わせ可能!
充実のサポート体制。

当日の通信トラブル等、困った時にはフリーダイヤルのサポートセンターにお気軽にお問い合わせいただけます。操作に不安がある方も、安心してご利用いただけます。

3

受発注者間情報共有システムから
ワンクリックですぐに閲覧可能!

書類の決裁を行う発議管理画面から、ワンクリックで遠隔臨場の閲覧画面を起動することができるので、発注者も迷うことなく参加することができます。

使ってみよう!「現場クラウド One」遠隔臨場機能オプション

該当の工事を選択してワンクリックで配信開始!

音声でリアルタイムにやり取り。スマホを近づけて撮影できる!

不明点はその場でサポートセンターに問い合わせ

録画データも工事ごとにわかりやすく管理!

導入事例

遠隔臨場機能オプションの活用で、
発注者との円滑なコミュニケーションを実現!

会社名

松浦建設株式会社

「全体的に見せて」「近くに寄って」「寸法を見せて」「スクリーンショットを撮影するから一旦立ち止まって」等、発注者とは会話しながら遠隔臨場を実施出来るので、指示に合わせて配信を行うことができます。
遠隔臨場機能オプションの追加だけで簡単に遠隔臨場を始めることができるというメリットがあります。
遠隔臨場のためだけに別システムを導入したり別サイトを開いたりしなくていいので遠隔臨場開始までがスムーズでした。

これまで、発注者が現場に出向けないタイミングで急遽確認が必要な事案が発生した場合、こちらで内容を資料にまとめ送付した上で確認いただく必要があり、時間的ロスとなっていました。
遠隔臨場機能オプションを導入してからは、発注者が出向かなくても現場を確認してもらえるようになったので、資料作成の時間や発注者の確認を待つ時間がなくなり、業務が効率化されました。

利用料金

現場クラウドOne(ASP)
月額9,800円(税別)

\キャンペーン中!(2023年3月31日まで)/
遠隔臨場機能オプション
月額20,000円▶︎月額10,000円(税別)

月々のお支払い(計)
月額19,800円(税別)
今ならiPad無料貸し出し実施中(発注者用)

動作環境

WEBブラウザ

  • ・Google Chrome® 最新版
  • ・Mozilla Firefox® 最新版
  • ・Microsoft Edge® 最新版
  • ※Internet Explorer®は非対応です。

スマートフォン・タブレット

  • ・iOS 最新版
  • ・Android 5.0以上

お問い合わせ

■お申し込み方法
スタッフが発注機関をお調べした上で、お申し込みまでの流れをご案内いたします。
ご案内後は1〜3営業日以内にお申込みいただけます。
まずは以下フォームよりお気軽にお問い合わせください。

遠隔臨場機能オプションお問い合わせフォーム